このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都動物愛護相談センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都動物愛護相談センター の中の 人と動物との共通感染症 の中の 人と動物との共通感染症一覧 の中の 回虫幼虫移行症 のページです。

本文ここから

回虫幼虫移行症

病原体

犬回虫、猫回虫

関係する動物

犬、猫

感染経路

犬、猫のフンの中に出た回虫(らん)が人の口から入り、それが腸内でふ化し、幼虫がごくまれに体内の各所に迷入することがある。

動物の症状

  • 子犬、子猫では食欲不振、下痢や、おう()があり、やせてくる。
  • 成獣は無症状。

人の症状

  • 幼虫の迷入により肝臓、脳、目等に障害を起こすことがある。
  • 幼児では、まれに軽度の貧血、食欲不振、微熱等の症状が認められる。

予防法

  • 犬、猫の検便、駆虫(くちゅう)を必ず行う( 特に子犬、授乳中の母犬(ははいぬ) )。
  • 幼児が犬や猫に触ったり、砂場で遊んだりした後には必ず手を洗う。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る