このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

実習報告(1年生)

「基礎看護学実習1」

私たち1年生は、10月中旬に、初めての臨地実習である基礎看護学実習1を終えました。
初日は病棟、病院見学をし、薬剤師や医師など多職種が連携をとりながら患者さんの安全、安楽を守るために働いていることが分かりました。そして、午後になって受け持ち患者様に挨拶をしました。初めて自分が担当する患者様にお会いするのでとても緊張しましたが、患者様が温かく迎えてくださいました。
2日目からは実際に病棟内での看護援助を見学させて頂き、先生や指導看護師の下、バイタルサイン測定や環境整備などを実施させていただきました。
私が担当していた患者様は恥ずかしがり屋で初めはうまく会話が出来ませんでした。そこで私は祖母と患者様が同世代であることを思い出し、祖母の昔の話をしてみたところ、患者様もご自身の若い頃のお話をして下さいました。これをきっかけにだんだんとコミュニケーションができるようになり、患者様のことをより深く知ることができました。
また、3日目に患者様の全身を拭いていた際に右足のむくみを見つけました。この事について患者様に聞いてみたところ、腎機能障害により足がむくみ、入院してから右足を引きずる生活をしていたとのことでした。そこで、次の日に足浴(足湯)をさせていただきました。すると、初めての足浴だったためにとても感動され、「足が軽くなったよ」と足をばたつかせながら笑顔を浮かべて喜んでくださいました。
この実習で学んだことは、コミュニケーションは患者様との信頼関係を築く土台を作ること。ただ会話するのではなく、コミュニケーションで看護に必要な情報を得ること。援助を通して患者様の状態を観察し、さらに必要な援助を導くこと。他にも多くのことを学びましたが、これらを学べたのは、受け持ち患者様や、指導してくださった先生、病棟の看護師の皆様のおかげです。今回学んだことを次の基礎看護学実習2に生かせるよう、校内での学びをさらに深めていきたいです。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。