このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立南多摩看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立南多摩看護専門学校 の中の 学生のページ の中の 実習報告(2年生) のページです。

本文ここから

実習報告(2年生)

 私たち2年生は、一年次の基礎看護学実習を終え、様々な健康レベルの対象に応じた看護を学ぶため各領域別に別れて実習に励んでいます。実習では、さまざまな年齢や疾患を持った、対象に応じた看護の実践を学んでいます。実習でたくさんの学びを得ることができ、看護師という目標に向かって日々頑張っている所です。
ここでは各領域での実習の学びを紹介させて頂きます。

【老年看護学実習2】
 老年看護学実習2では、患者さんが積み上げてきた信念、生活習慣、価値観に合わせた日常生活の援助を行いました。また、患者さんとご家族から入院前の生活についてお話を伺い、患者さんの個別性や強みを踏まえて、退院後のQOL(生活の質)を維持・向上出来るように援助を行いました。加齢に伴う変化や病状が退院後の生活に影響を及ぼします。患者さんが安心して日常生活を過ごせるように入院時から退院支援や他職種との連携を図っていく重要性を学ぶことができました。

【精神看護学実習】
 精神看護学実習では、病院と作業所の2か所で実習を行いました。これまでで一番患者さんの傍らで関わっていたと思います。どのようにコミュニケーションをとれば、自分の気持ちが伝わるのか時に悩むこともありました。そのような時は患者さんに言われたこと自分が話したことを時系列で記し、自分はどうすればよかったのか振り返り学習していきました。作業所では、利用者さんと一緒に軽作業をしたり、お昼ご飯を食べたりしながら、日々の暮らしについて話を聞きました。病院とは違って、疾患を抱えながら地域で生活している利用者さんとの関わりができました。

【成人看護学実習1】
 成人看護学実習1では、入院中から患者さんの退院後の生活を見据えた援助を行いました。今は入院日数も短く、入院と同時に退院後の生活への援助が始まります。患者さんが退院後にどういったことに不安を感じるのか、気をつけて生活して欲しいのか一緒に考えていきます。ただ指導するのではなく、患者さん自ら行動を見つめ直し、患者さん自身で行動が取れるように関わる必要があります。そのためには患者さんの個別性をしっかり捉えていく必要があり、どうしたらよいか悩むこともたくさんありました。私たちの関わり方で、患者さんの不安が減り、前向きに行動しようとするきっかけになることもあり、そのような時は自分のことのように嬉しくなります。これからも患者さんに合わせた看護が出来るよう日々の学びを深めていきたいと思います。

【小児看護学実習】
 小児看護学実習では、保育所・病院の小児科・NICUでの実習になります。特に私が印象に残っているのは、小児科での実習です。小児科では、入院しているこどもの個別性や、入院が家族に及ぼす影響も考えなくてはいけません。うまく言葉で伝える事のできないこどもの望みや苦痛を、仕草や表情から読み取り、看護の視点で関わる大切さを学びました。小児科では、回復の早いこどもが少しでも早く家族の元に帰れるように支援します。そのため短期間のうちに看護過程を展開することに苦労しましたが、こどもたちの笑顔に励まされ頑張ることが出来ました。一番自分が辛い時に笑顔をくれたこどもたちに、今度は私が笑顔にできるように看護の学びを深めていきたいです。

 今回は、4領域での実習報告でしたが3年生になってもさらに実習が続きます。
2年生での学びを深め、次の実習に生かしていきたいと思っています。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る