このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立南多摩看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立南多摩看護専門学校 の中の 学生のページ の中の 体育祭(全学年) のページです。

本文ここから

体育祭(全学年)

 平成29年4月21日(金曜日)に第23回体育祭を開催しました。学生が主体となって運営し、学生同士の親睦、学生と教職員との交流、体力の向上を目的として年に1回開催しています。
 今年は、綱引き、玉入れ、ドッジボール、バレーボール、二人三脚の5種目を行いました。ひとり2種目を選択して、全学年クラス対抗で勝敗を競います。
 まずは綱引き。選手の並び順や綱の引き方がクラスによって異なりましたが、1位を獲得した1年1組は、選手も応援者も一丸となって声を掛け、力を合わせたことが勝因となりました。
 続いて玉入れ。声を掛けて一斉に玉を投げるチームや、とにかく各自で素早く投げるチームなど、各クラスそれぞれの戦法でした。90個以上の玉を入れることが勝敗のカギとなりました。
 1位を獲得した3年1組は、間近に迫る臨地実習に向けて、チームワークの大切さを改めて実感しました。  

写真_玉入れ


 午前競技の最後はドッジボール。柔らかいボールを使い、男子は左手で投げます。10分間の対戦で内野の人数が多いチームの勝ちです。試合開始前はクラス全員で円陣を組んで気持ちをひとつにしました。決勝戦は2年生対決で、2年2組が1位でした。

写真_ドッジボール

写真_ドッジボール2


 午後はバレーボールから始まりました。6人制で10分間の試合を行い、得点の多いチームの勝ちとなります。ランチを早めに済ませて練習を行うチームが多く、各クラスの意気込みを感じました。強烈スパイクを決めた2年2組が1位でした。

写真_バレーボール1

写真_バレーボール2

 最終競技は二人三脚です。教員チームも大健闘し、最も会場が盛り上がった競技となりました。競技前に廊下で練習して息を合わせる学生もいました。リレー形式のため、タスキの受け渡しが勝敗のポイントになったようです。コンビの脚を結ぶハチマキが切れてしまっても、後のメンバーが諦めずに頑張り、挽回するシーンもありました。2年2組が1位でした。

写真_二人三脚

 3種目で1位を獲得し総合優勝した2年2組は、クラスTシャツを作成して臨み、実力を発揮しました。
 また、初めての体育祭に参加した1年生からは、「どの競技も本格的でレベルが高くて驚いた。」「来年また頑張りたい。」「クラスの団結力が一気に高まって良かった」という感想があがりました。
 体育祭で培ったチームワークを、臨床現場でも活かせるように努力していきたいです。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る