食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館食中毒を予防するノロウイルス感染予防の徹底を!

ノロウイルス感染予防の徹底を!
知って防ごう カンピロバクター食中毒
ちょっと待って!お肉の生食
みんな集まれ!手を洗おう
初心者のための食品衛生入門
食中毒を起こす微生物など

ノロウイルス感染予防の徹底を!〜防ごう!ノロウイルス食中毒〜

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。
ノロウイルスは手指や食品などを介して人に感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。子供やお年寄りの場合、重症化することがあります。基本を守って食中毒予防を徹底しましょう。
    

ノロウイルスとは (食中毒を起こす微生物「ノロウイルス」のページへ)

ノロウイルス食中毒予防の基本は「きっちり手洗い」と「しっかり加熱」です!

 

きっちり手洗い

食中毒予防には手洗いが最も重要です。調理前、食事前、トイレの後には、石けんをよく泡立ててこすり洗いし、流水できっちりすすぎましょう。二度洗いを行うとより効果的です。
※正しい手洗いの方法についてはこちらをご覧ください。

しっかり加熱

カキやアサリなどの二枚貝の内臓にはノロウイルスが蓄積することがあるため、生や半生で食べると食中毒にかかる可能性があります。しっかり中まで火を通して調理しましょう。加熱は中心温度85℃~90℃で90秒間以上が目安です。

調理器具等の消毒

消毒には次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を用いましょう。アルコールや逆性石けんはあまり効果がありません。

さらに詳しく

東京都では、ノロウイルス食中毒の予防方法をまとめたリーフレットやポスター、マニュアル等を発行しています。ぜひご活用ください。

リーフレット「防ごう!ノロウイルス食中毒」事業者向け(PDFファイル)

リーフレット「防ごう!ノロウイルス感染」都民向け(PDFファイル)

ノロウイルスの感染経路、正しい手洗い方法、汚物の消毒方法、消毒薬の希釈方法などについて解説しています。

平成25年度ノロウイルス・サポウイルス食中毒予防ポスター(PDF:1.8MB)
     

平成22年度ノロウイルス食中毒予防ポスター(PDF:547KB)
    

平成19年度ノロウイルス食中毒予防ポスター(PDF:298KB)
  


ノロウイルス対応標準マニュアル

社会福祉施設等でのノロウイルス感染症・食中毒の発生を未然に防止することを目的とした、施設における衛生管理対策の基本となるマニュアルです。

生かきの取扱いについて

食品関係事業者が生かきを取り扱う際の注意事項について解説しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧 Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

▲このページのトップへ


▼ 関連ページ

▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係が管理しています。


▲このページのトップへ