このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 介護保険 の中の 代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業 のページです。

本文ここから
高齢者

代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業

 都では、都内の介護事業所等で働く介護職員が研修を受講する場合、都で委託した人材派遣会社から代替職員を派遣します。介護サービス事業者が、介護職員等が研修等に参加しやすい環境づくりを行うことを支援し、介護職員のキャリアアップを促進します。

お申込み・お問合せ先

代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業は、東京都の委託を受けた人材派遣会社(株式会社シグマスタッフ)が行います。

ご利用、ご相談については下記へご連絡ください。

株式会社シグマスタッフ  本社メディカルケア事業部
電話 0120-921-123(フリーダイヤル) または03-6417-4203 (直通)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル 6階

1 事業内容

 都内の介護保険サービスその他の福祉サービス事業所等(以下「事業所」という。)が、当該事業所に従事する介護職員等(以下、「現任介護職員」という。)の資質向上を図るため研修等を受講させる場合に、福祉・介護関係の仕事に関心のある者を「介護補助員」として雇用し、現任介護職員の代替職員として事業所に派遣する事業です。
 派遣に係る経費(代替職員の人件費)は都が負担しますので、派遣先の事業所の経費負担は発生しません。
※代替職員の登録状況により、派遣のご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承ください。

2 対象事業所

都内(島しょ地域を含む)に所在する次の事業所です。
指定居宅サービス事業所
指定介護予防サービス事業所
指定居宅介護支援事業所
介護保険施設
指定地域密着型サービス事業所
指定地域密着型介護予防サービス事業所
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
有料老人ホーム
サービス付高齢者向け住宅

※ただし、当該施設が介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修(不特定多数の者対象)に職員を参加させる場合は、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所及び障害児施設(医療機関を除く。)も対象とする。

3 対象職種

介護職員、サービス提供責任者、生活相談員、介護支援専門員

4 対象研修

・事業所が、現任介護職員の資質向上を図るため、当該事業所が策定する研修計画に基づき研修等に参加させる場合
例)介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修、介護福祉士国家試験受験対策講座等、国、都、市町村又は事業者団体等が実施する介護従事者向け研修等
・外部機関からの依頼等に基づき、介護職員等の資質向上等のための研修における講師として、現任介護職員の派遣等を行う場合
・インドネシア、フィリピン又はベトナムとの経済連携協定による介護福祉士候補者を受け入れた事業所等が、当該介護福祉士候補者に事業所等が策定する研修計画に基づき、外部の日本語研修等を受講させる場合
・インドネシア、フィリピン又はベトナムとの経済連携協定による介護福祉士候補者を受け入れた事業所等において、現任介護職員が当該介護福祉士候補者の教育担当者として指導を行うことにより、本来の業務に専念できないような場合
※同一事由による各種助成金とは併給できませんので、ご留意ください。

5 派遣期間

研修に参加する時間数の4倍まで派遣可能です。
原則として現任介護職員が対象研修に参加する期間が含まれているものとします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 介護保険課 介護人材担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る