食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム調査・統計データその他の調査・統計データ食品汚染調査4 東京湾産魚貝類の化学物質汚染実態調査結果(ダイオキシン類及び内分泌かく乱作用が疑われる物質)

食品汚染調査
1 魚介類等の水銀汚染調査結果
2 食品等のPCB汚染調査結果
3 魚介類のビストリブチルスズオキシド(TBTO)等汚染調査結果
4 東京湾産魚貝類の化学物質汚染実態調査結果(ダイオキシン類及び内分泌かく乱作用が疑われる物質)
食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果

4 東京湾産魚貝類の化学物質汚染実態調査結果
(ダイオキシン類及び内分泌かく乱作用が疑われる物質)

東京湾は大都市に隣接する閉鎖系水域であり、内分泌かく乱作用が疑われる物質やダイオキシン類が集約されやすい環境にあります。
このため、平成14年から、東京湾で漁獲される魚貝類の安全性について、重点的な監視を行っています。




注釈:平成13年度以前は福祉保健局健康安全部環境保健衛生課の事業として行いました。
   平成13年度以前の調査結果についてはこちらをご参照ください。
get_adobe_flashPlayer このページを正しく表示するには、Adobe Flash Player が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 輸入食品有害食品担当が管理しています。


▲このページのトップへ