食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム調査・統計データその他の調査・統計データ食品汚染調査食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果

食品汚染調査
1 魚介類等の水銀汚染調査結果
2 食品等のPCB汚染調査結果
3 魚介類のビストリブチルスズオキシド(TBTO)等汚染調査結果
4 東京湾産魚貝類の化学物質汚染実態調査結果(ダイオキシン類及び内分泌かく乱作用が疑われる物質)
食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果

食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果

ダイオキシン類は、廃棄物の焼却過程等で非意図的に生成される有機塩素系化合物であり、発がん性、催奇形性など多岐にわたる毒性が知られています。また、分解されにくいため、微量であるが環境中に広く存在すると言われています。一方、人がダイオキシン類を摂取する主な経路の一つとして食品があり、これによる健康への影響も懸念されています。
そこで、東京都では、都内に流通する食品から都民が摂取しているダイオキシン類の量を継続して調査しています。



食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果



注釈:平成14年度からは健康局地域保健部環境保健課(平成24年4月、福祉保健局健康安全部環境保健衛生課に組織改正)の事業として行っています。



▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課が管理しています。


▲このページのトップへ