食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食品添加物用途別 主な食品添加物調味料

食品添加物
概要
食品添加物とは
食品添加物の分類
食品添加物の指定制度
食品添加物の使用基準と成分規格
用途別 主な食品添加物
食品添加物の表示方法
食品添加物に関する監視指導

用途別 主な食品添加物

11 調味料

 一般に使われている味噌、しょう油、塩、かつお節といった調味料は、すべて食品の扱いになっていますが、調味料の中でも、グルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウムといった化学的に合成されたものは、添加物として取り扱われています。添加物の調味料の多くは、本来昆布やかつお節の中にあって、「だし」として昔から使われてきたものの旨味成分を化学的に合成したり、抽出したものです。  添加物としての調味料は、アミノ酸、核酸、有機酸、無機塩の4グループがあり、表示の際には、「調味料」という一括名の後にカッコ書きでこのグループ名を表示することになっています。

☆アミノ酸

 L-アスパラギン酸ナトリウム、DL-アラニン、L-イソロイシンなど規則別表第1(指定添加物リスト)に収載されている21物質及び既存添加物名簿収載品目リストの用途欄に「調味料」と記載されている物質を、調味料としての用途で使用する場合です。表示では、「調味料(アミノ酸)」と記載します。  代表的なアミノ酸系調味料であるL-グルタミン酸ナトリウムはこんぶのうま味成分として知られ、工業的には糖蜜やデンプンを原料として発酵法で製造されます。

☆核酸

 5'-イノシン酸二ナトリウム、5'-ウリジル酸二ナトリウムなど規則別表第1(指定添加物リスト)に収載されている6物質を、調味料として使用する場合です。表示では、「調味料(核酸)」と記載します。
 代表的な核酸系調味料である5'-イノシン酸二ナトリウムは、かつお節、にぼし、肉などに多く含まれているうま味成分のひとつで、工業的には糖質を原料として発酵法で製造されます。

☆有機酸

 クエン酸カルシウム、クエン酸三ナトリウム、グルコン酸カリウムなど規則別表第1(指定添加物リスト)に収載されている17物質を、調味料として使用する場合です。表示では、「調味料(有機酸)」と記載します。
 代表的な有機酸系調味料であるコハク酸ナトリウムは、貝類特有のうま味成分であり、マレイン酸を還元して得られます。

☆無機塩

 塩化カリウム、リン酸三カリウム、リン酸水素二カリウムなど規則別表第1(指定添加物リスト)に収載されている8物質、既存添加物2物質及び一般飲食物添加物1物質を、調味料として使用する場合です。表示は、「調味料(無機塩)」と記載します。
 代表的な無機塩系調味料である塩化カリウムは、天然のカリ岩塩を精製して得られます。

※アミノ酸、核酸、有機酸及び無機酸のうち2種以上を使用する場合は、表示では、使用量、使用目的等から代表的なものを( )内に記載し、その他は「等」として記載します。
例:L-アスパラギン酸ナトリウム5'-イノシン酸二ナトリウムを使用した場合⇒調味料(アミノ酸等)


← 10 膨張剤へ
↑ 主な食品添加物のページへ戻る
12 酸味料へ →

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 規格基準担当が管理しています。


▲このページのトップへ