食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食品の寄生虫肉を介するもの 有鉤条虫

食品の寄生虫
食品の寄生虫予防メモ
アニサキス
シュードテラノーバ
日本海裂頭条虫
旋尾線虫
大複殖門条虫
横川吸虫
肺吸虫
顎口虫
クドア・セプテンプンクタータ
マンソン裂頭条虫
旋毛虫
有鉤条虫
無鉤条虫
サルコシスティス・フェアリー
エキノコックス
回虫
クリプトスポリジウム
ジアルジア(ランブル鞭毛虫)
サイクロスポラ
テンタクラリア
ニベリニア
その他の四吻目条虫類の幼虫
吸葉条虫属の幼虫
ブリ糸条虫
フィロメトラ
ディディモゾイド類
ラジノリンクス
ペンネラ
スフィリオン
粘液胞子虫類

有鉤条虫(Taenia solium) 条虫類

有鉤条虫の特徴

大きさ 体長2から3メートル(成虫)、約8×約4ミリメートル(嚢虫)

感染源

  • 生あるいは不完全調理の豚肉。
  • 虫卵に汚染された食物や水。
  • 輸入キムチが原因と思われる症例が報告されています。

寄生している主な動物

 ブタ、イノシシなど


予防方法

  • 豚肉をマイナス5℃で4日間、マイナス15℃で3日間、マイナス24℃では1日冷凍すれば、嚢虫を死滅させることができます。
  • 豚肉の生あるいは不完全調理での摂食は避けます。
  • 海外流行地では生水、生野菜の飲食を避けます。

図:有鉤条虫の主な生活環


▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係が管理しています。


▲このページのトップへ