MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  食品の寄生虫 » 飲料水、野菜、果実等を介するもの サイクロスポラ

サイクロスポラ(Cyclospora) 原虫類(胞子虫類)

ヒトへの影響

 水溶性の下痢等。トイレの回数が著しく増えます。

発生状況

 米国で1996年5月から7月にかけて集団発生事例があり、1,500名にも及ぶ患者が発生しました。グアテマラ産の輸入ラズベリーが原因食品として疑われました。

感染源

 外界で発育し成熟したオーシストを経口的に摂取することで感染します。流行地では飲料水を介して感染すると考えられています。米国では果物や生野菜などの輸入食品が感染源として疑われており、散水、消毒用の水が汚染されていたことが原因と推定されています。

写真:患者下痢便中の未成熟オーシスト
図 患者下痢便中の未成熟オーシスト
写真:感染型成熟オーシスト
図 感染型成熟オーシスト

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ