MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » クワズイモ

クワズイモ(サトイモ科)

 東アジア原産の多年草で、肉質の太い根茎にサトイモに似た葉をつけ、高さは2メートルにもなります。一見してサトイモに似ているため、茎やイモをサトイモと誤食してしまうようです。


 ◇特徴

 自生地 四国南部、九州南部などに自生しており、観賞用としても流通しています。
 誤食部位 茎、根茎
症状  唇のしびれ、口腔内の浮腫、胃痛など(シュウ酸カルシウムの物理的な損傷による)
 毒成分 シュウ酸カルシウム。針状の結晶で水に溶けにくい。

写真:クワズイモ
クワズイモ

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ